2020年5月17日日曜日

外壁とテラスに無垢の木を使うと経年でどれくらい痛むか、そして補修

外壁やテラスに無垢の木を使うことを考えている方のために
経年でどれくらい痛むのか事例を紹介しましょう。

事例となるのは弊社設計の高槻のスキップフロアハウスです。
外壁はカラマツ、ウッドテラスにはベイスギを張っています。
竣工当時の写真↓

築5年外壁↓
この年からほぼ毎年DIYで塗装を塗るようになりました。
日には焼けてきましたがきれいな状態です。

築10年↓
雨や日射がよく当たる箇所の傷みが目立つようになってきました。
デッキは表面が黒ずんでいますがしっかりとしています。


そして築15年↓
外壁は全体的に黒ずんできました。
また今まで塗り重ねてきた水性塗装が経年劣化で日焼けの跡のようにぽろぽろと捲れてきました。

見栄え的にも耐久性的にもDIYでの補修はこれ以上は難しいと判断し工務店に塗り替えを依頼しました。
地面からの雨の跳ね返りの影響で傷みが激しかった足元については張り替えました。
ウッドデッキは全体的には大丈夫だったのですが一部朽ちていたので全面的に張り替えました。

補修完了の様子です↓
全体的に黒ずんでいたので思い切って濃い色で塗りなおしました。
張り替えた個所と既存のままの箇所で色が変わってしまいますが時間がたてばなじむでしょう。

塗料はキシラデコールを塗りました。工務店によれば外壁はこれで5年は持つでしょうとのこと。
それ以降は前よりいい塗料を使ってDIYしていく予定です。5年ごとにプロに頼むと結構かかりますから。
前は扱いやすさを優先してホームセンターで普通に売っている水性の塗装を塗っていました。
工務店によると前述の通り年数がたつとぽろぽろはがれていくことがあるそうです。
10年くらいはもつけれどもそれ以降を考えるとどうかなといったところです。次回はキシラデコールかなと思っています。


2020年5月10日日曜日

デスク周りを家具を買わずにDIYでしつらえる

ゴールデンウィークの間にデスク周りを整理しました。
我ながらこれは上手くできたな、というしつらえを2つ紹介しましょう。 

本棚を整理するたびカタログをどう置くかが課題になります。
今回の整理ではジャンル分けがわかりやすいようにMDFの板で仕切りをつくりました。
つくりました、といっても30センチ角のカット品に
マスキングテープ貼って手書きでインデックスをつけただけです。
質感もいいですし、適度に目立って探したいジャンルに目が届きやすいです。 


もう一つはパソコンの後ろに配線隠しとピンナップと棚を兼ねた置き家具をつくりました。
材料はコーナンでそろえました。これで配線関係がスッキリしましたし、
ちょっとしたピンナップや充電中のガジェットを置くことができます。


ピンナップボードの後ろはこんな感じです。ハードディスクや電源アタプタを収めてます。
電源タップやケーブルはこの下に収めました。


ピンナップ部には本来棚板の指示に使う棚柱を取り付けて、
メモや充電コードを磁石で取り付けられるようにしました。
デスクの作業面は狭くなりましたが、どこに何を置くか整理しやすくなったので
作業はむしろしやすくなりました。明けから快適に作業をしています。
4月からリモートワークに切り替わって自宅で仕事をされている方は是非ご参考ください。

2020年5月5日火曜日

長期的にみると無垢のフローリングの方がお得

東大路高野住宅で進んでいるリノベーションに絡めて
今回は無垢のフローリングだからできる補修のお話し。


このお部屋は以前の住まい手によって、床が無垢のフローリングに改装されていました。
雰囲気がよいうえ状態も良かったのでそのまま使うことにしています。

以前の住まい手は床付きのコンセントをたくさん設けていましたが
いくつかは生活に邪魔になるので撤去することにしました。
取り外したままだと床に穴が開いてしまいますので、
穴周りのフローリングを剥がし、
新しいフローリングを張って補修しています。




写真では張りなおした箇所が目立って見えますが
ワックスをかけて日がたてば周りとなじんで気にならなくなります。

これは無垢のフローリングだからできる芸当です。
建材メーカーのシステムフローリングが
下の写真の様に部分的に傷んでいるときの補修はどうなるでしょう↓


建材メーカーは流行りに合わせて新製品を作る一方、
流行りが廃ると廃番にしていきます。
もし10年後、20年後に今回の様に部分的にフローリングを
張りなおそうとしても同じ柄のフローリングがないということになります。
元の柄が違えばどうやっても違いが目立ちます。
フローリングを全部張りなおすか、柄の違いを我慢するかしかありません。
部分的に張りなおすのと全部張りなおすのでは工事費が一桁変わります。
部分的に張り替えればいいのにそれではもったいないですよね。

無垢のフローリングならば、木は何十年と不変ですから
探せば違和感がない似た表情の製品を選ぶことができます。
着色も可能ですから周りと色目も合わせやすいです。
イニシャルコストとしてはシステムフローリングの方が安いですが
長期的にみると無垢のフローリングの方がお得であるということです。
この点からも長く住み継ぎたい家をつくるなら床は無垢のフローリングがおすすめです。



2020年4月26日日曜日

団地リノベでルナファーザーと塗装による壁仕上げ

東大路高野住宅でのリノベーション工事の様子です。

リビングと主寝室の間の引き戸が取り付けられました。
開いているところには作り付けの本棚が設置されます。



壁と天井の塗装が終わりました。
ルナファーザーの上に塗装を行っています。
改装前は少し黄色が入った白だったのですが
お客さんの好みに合わせてちょっぴりグレーが入った白に変えています。
色を変えるだけで住まい手が変わった感がグッと出てきます。

ルナファーザーは表面に凹凸があるので質感があっていいですね。
石膏ボードに塗装を塗るとのっぺらとした感じに仕上がったり
光の加減では刷毛の跡や斑が気になるのですがそれもありません。

また、ルナファーザーは再塗装が数回可能です。
今回のルナファーザーも以前の住まい手が張ったもので
その上に直接塗装をしています。
ビニールクロスより割高ですが塗り替えが効くので長期的にはお得と言えるでしょう。
手をかけながら末永く住み続けたい方には向いています。
予算があれば採用したい仕上げです。


参考)ルナファーザー ホームページ
ヨーロッパで100年以上にわたり愛用されているルナファーザーは、紙のパターンとお好きな色の組み合わせで、お部屋のインテリアを思いのままに演出できます。また、自然素材の持つ通気性や透湿性に優れ、結露やカビの発生を抑えます。
塗装には水性エマルションペイントを使用します。ご希望の製品・色が自由に選べます。メンテナンスやリフォームは、そのまま塗り重ねるだけでOK。もちろん、他の色に塗り替えも可能です。再塗装は7~8回程可能で、長期間にわたり張り替える事なく使用できます。そのため、従来の壁紙のように改装時の張り替えによるゴミの発生が無く、長期間にわたり廃棄物の減量に貢献します。


2020年4月19日日曜日

団地の間仕切りを変えて自分の暮らしにフィットさせる

東大路高野住宅でのリノベーション工事が進んでいます。

この改装では新たな住まい手の暮らし方にフィットするように
間仕切り壁に手を加えています。


リビングの様子です。半分に仕切ってもう一方を主寝室に改装します。
全面バチっと閉め切ってしまうと狭苦しいので可動間仕切りと本棚を設けます。
まずは小壁と可動間仕切り用のレールが取り付きました。




子供部屋の様子です。
二部屋隣り合って個室があるのですが一方がかなり広いので狭い方を広げます。
収納量が心もとないこともあるので作り付けの棚を間仕切りの代わりにする予定です。
そのために間仕切り壁を撤去しました。

2020年4月13日月曜日

オンライン打ち合わせへの対応をはじめました

オンライン打ち合わせへの対応をはじめました。

顔を合わせての打ち合わせが困難なとき、
集まって打ち合わせをするほどではないけど
メールや電話でのやりとりでは心もとないときなど
お客様のご事情に合わせて対応いたします。

現在利用可能なオンラインサービスは以下のとおりです。
・Skype
・Zoom
・LINEビデオ通話
・Messengerビデオ通話

ご希望の方はその旨ご一報ください。
アカウントなど詳細をお伝えします。
新規相談でもOKです。