2016年8月18日木曜日

高倉台団地DIYリノベーションを訪ねました

4月に完成した高倉台団地DIYリノベーションのお宅を訪ねました。

完成後もこつこつとDIYが進み、すっかり中原さんのお宅になっていました。
新居でありながらなんとなく感じる実家感がとても素敵な空間です。

秋にはお住まいの状態を見ていただくためのオープンハウスを開催する予定です。
詳細決まりましたらあらためてお知らせします。

2016年7月29日金曜日

西宮のマンション外壁改装、工事がスタート

西宮のマンション外壁改装、工事がスタートしました。

足場を組んでから外壁の痛んだ箇所をスキャンしてその場その場にあった補修をコツコツと積み上げて行きます。
長年改修を重ねるうちに増えた謎の配管(そのうち用済みなものも何本か)を調べるのも結構な作業です。
この暑い季節、根気よく作業を進める施工部隊の皆さんには感謝です。
窓にはかわいらしい面格子がつきました。当事務所ではいちばんかわいらしい建物に仕上がると思います。



2016年7月26日火曜日

団地トークイベント出演のお知らせ|8/1あさみスタジモ「団地・ナイト③」

吉永が団地についておしゃべりするイベントのお知らせです。
8/1(月)19時より西宮ガーデンズ5Fスタジモにしのみやにて。

参加申し込みなどくわしくはこちら↓



団地にがっつり関わるようになって10年。
リノベーションの設計から団地イベントの企画、不動産まで手がけてきた経験を元に
今、団地を選ぶ人がどのような人たちなのかというお話をする予定です。

団地の活性化いろいろあれども一番近道に思える
「今楽しく住んでいる人(特に若い世代)に話を聞く」
というところからスタートしている活動は意外とないので、
その方面の方には参考になるはず。


団地専門の不動産サイト『団地不動産』
・UR賃貸住宅にお住まいをお考えの方はこちら→
・分譲団地の購入、リノベーションをお考えの方はこちら→

2016年7月18日月曜日

木の外壁を美しく保つ方法

毎年恒例、自宅(高槻のスキップフロアハウス)の壁塗りを行いました。



自宅の壁の一部はカラマツ張にしています。これに撥水塗料を塗って仕上げています。
耐久性のことを考えると毎年塗った方が良い。
しかし毎年工務店に頼むとお金が大変・・・ということで
毎年自前で壁塗りを行っています。
そしてそのことを見越して木を張るのは脚立が届く範囲の高さになるよう設計しています。

塗るのも素人、塗料はコーナンで手に入る一般的で安価なものですが
10年以上経ってみた様子は当初思っていたよりはいい状態です。
雨がよく当たる地面に近い箇所は灰色に退色していますが、
それ以外はまぁまぁ木の風合いが残っています。
これならお客さんにもおすすめできるかなと。

そして工事完了後は恒例の焼き肉。ビールがうまい!これがあるからがんばれる。
こういう楽しみを工事後に設けておくことも間接的ではありますが
木の壁をいい状態に保つ要因になりうります。

2016年7月6日水曜日

リノベーションの工事費を抑えるには解体を抑えるべし

当事務所、最近の仕事のほとんどは改装・リノベーションです。

工事費をなるべく抑える工夫をする中で勘違いされがち
かつここを頭に入れて計画をするとよいポイントがあります。
そのひとつが解体工事です。

コストを抑える話題の中でよく出るのが
「構造体むき出しのスケルトンにすれば仕上げが省ける分安くできる」という考え方です。
この発想で気をつけないといけないのがスケルトンにするために
『解体工事費がかかる』という点です。

マンションや団地の仕上げをすべて取り払うと20万~50万円程度はかかります。
リノベーションの工事費は数百万、かけたとしても1000万円台だと思います。
そのなかの数十万ですから場合によっては総工事費の1割以上が解体にかかってしまうわけです。
それはひょっとするとなんらかの仕上げするよりお金がかかってしまうこともあるやも...。

「解体は自力でするから大丈夫」と思われる方もいるかもしれません。
しかし素人が自力で解体を行うことは危険ですし、
どちらにしろ解体した残材の処理費は必ず必要です(これが結構かかります)。※


ローコストを追求するのであれば『なるべく解体範囲を減らすこと』が実現の近道なのです。

-----------------------------------------------------------
※ちなみに高倉台団地DIYリノベーションでは解体は自力で行いましたが、
プロの大工さんについてもらって施工しました。
残材については施主の中原さんが家具の工房を営んでいるので
安く処理をするルートをもっていたため通常に比べてぐっと抑えられました。

2016年6月28日火曜日

竹の台団地でのリノベーションのキッチンこだわり

しばらくお伝えしていませんでしたが
竹の台団地でのリノベーション、設計が進んでいます。

このリノベーションは奥様の強いご希望で
石黒智子さんのご自宅のキッチンセットをコピーしています。
このプロジェクトのメインといってもよいでしょう。

“完コピ”レベルになるように石黒さんのご自宅のキッチンを手がけた
キッチン製作会社に作成をお願いすることにしました。
先日横浜から打ち合わせに来ていただきました。

仕上がりのサンプルを見ながら
石黒さんのときはこうでした、それにはこういう理由が、こういう苦労がと
当時のエピソードをうかがいながらという
なんとも贅沢な打ち合わせでした。