無垢のフローリングは10年目経つとどうなるか|高槻のスキップフロアハウス


先日、高槻のスキップフロアハウスの10年検査を行いました。

この住宅は実家ということもあり、いろんな素材や工法を試しています。それらが10年経ってどうなったかを7回に分けてお伝えしたいと思います。


今日は無垢のフローリングが10年経つとどうなるか。

まずは玄関に使ったカバのフローリング。
下の写真は竣工当時の写真です。


10年後が下の写真です。
10年経ってもあまり変わらないという印象です。
傷らしい傷もついていません。


次にリビングで使ったアカマツのフローリング。
竣工当時の写真。


10年後が下の写真です。
こちらはずいぶん日焼けしました。傷や凹みもずいぶんついています。これはこれでいい味を出しています。



寝室に使ったスギのフローリング。
竣工当時の写真。


10年後が下の写真です。
日焼けはしていますが元が赤みが多かったので印象は変わっていません。傷や凹みはありますがアカマツに比べると少ない印象(部屋の使い方の違いかもしれませんが)。


いづれのフローリングも日常的に掃除機をかけるのとごくたまに拭き掃除をしたくらいで、新たにワックスをかけるなどはしていません。
無垢のフローリングは手入れが大変なのでは?と思われるかもしれませんが無垢だからということで特に手間がかかることはないようです。

あと、フローリングとフローリングの隙間が開く、とかフローリング同士がぶつかって盛り上がるという話も聞きますが気になるようなほどのことはありませんでした。

これはいいメーカーのフローリングを使った、ということもあるかもしれません。高槻のスキップフロアハウスのフローリングは『木童』さんの物を使っています。



高槻のスキップフロアハウス10年検査



高槻のスキップフロアハウスが引渡しから2月で10年経つため
「10年検査」に行ってきました。

なぜ10年で検査を行うかというと
住宅の品質確保の促進等に関する法律(通称:品確法)により
構造や防水に関する瑕疵担保責任は引渡しから10年と
決められています。
わかりやすく書くと構造的に問題があったり雨漏りなどした場合、
10年未満ならば基本的には施主の負担なし、
施工業者の責任で修繕を行うという決まりです。

また、10年も経つと丁寧に施工してあっても経年変化で
あちらこちらが痛んでくるものです。
加えて10年というのはキリがよくて思い出しやすい、ということもあり
10年(よりちょっと前)での検査を行っているわけです。



さて、結果はというと大きな問題はなし。
実家ということで人のうちではやりにくい実験的なことを
いくつかしたのですが概ね問題なく10年経ったようです。

新金岡団地のワンルーム、床は防音仕様



新金岡第二団地では床を防音仕様にしなければなりません。
そのための床工事を行いました。
続きは団地不動産ブログにて↓
団地不動産ブログ|床は防音仕様|新金岡団地のワンルーム

高槻の新築マンション内覧立ち会い二軒目



一昨日と同じ新築マンションに内覧会立ち会いに行ってきました。前回は指摘事項“0”でしたがさて今回は…小さいものが三つありました。

このマンション、きっちり工事されているという印象です。この後も、あと何軒か内覧予定。これは楽しみです。


ホームインスペクションのご依頼はさくら事務所大阪までお願いいたします。