2015年5月17日日曜日

ラジオ番組「放課後ノイズ」に出演します

明日18日、阪急梅田百貨店ソラトニワからお送りするラジオ番組「放課後ノイズ」に出演します。
団地はいいよ!というお話をします。
番組は17時から18時の間。そのうちの20分くらい出演予定です。

ネットではこちらから聴くことができます。

『ソラトニワ梅田』

2015年5月12日火曜日

分譲団地を買ってリノベーション、横尾団地と高尾台団地

素敵なオリジナル&オーダーの木の額と額縁のお店majakkaのご夫妻から
分譲団地を買ってリノベーションしたいと相談がありました。
お店に近いこの二つの団地、横尾団地と高尾台団地をご指名。
ご夫妻は団地マニアというわけでもなく自分らしい住まいをイメージしたときに
団地、それも地元の団地が一番フィットすると思われたとのこと。
ご夫妻のように自然に団地を選ぶ方々が増えてくるのはうれしいことです。

まずは実物を見に行きましょうということで二つの団地を見て周りました。
横尾団地は内覧できるお部屋がなかったので下見程度に車でぐるっと周り、その後、高尾台団地へ。


二軒内覧したうちの一軒は築年なりの痛みはありながらも
その分型板ガラスなど懐かしいアイテム満載でなかなか味があるお部屋でした。

窓を開けるとゆったりとした風景とさわやかな風が入ってきました。
普通空き家は空気がよどんでいるものですが
窓を開けるだけでふぁーとさわやかに空気が入れ替わるのは
きちんと窓がある団地ならではでしょう。

変に手の加えられていない「素」のお部屋を安く購入して
ご自身でリノベーションする予定ですのでご夫妻にはむしろこちらがお好みでしょう。

とりあえず今回は下見。
おいおい条件に合う物件が売りに出てくるのを監視し続けることにしました。
お二人ご家族の暮らしにフィットした団地が見つかりますように!



2015年5月3日日曜日

団地は建て替えのとき、何千万円も払わないといけないのか?

前回からの続き

Yahoo!知恵袋でベストアンサーをいただいた質問について
Yahoo!知恵袋『築40年の公団住宅を購入しようか悩んでいます。』

二つ目の質問は
「中古団地は建て替えのときはさらに何千万円も払わないといけないのでしょうか?」とのというものでした。

一般的に団地は敷地に余裕がありますので、一部土地を売ったり
高層化して増えた分の住戸を売却するなどして建て替え資金を調達します。
分譲団地の場合建て替えするかどうかを決めるのは住民自身です。
住民に何千万円の負担をかける計画が多くの住民の賛成を得られることはないでしょう。
よってこの資金を使って住民の負担をなるべく減らすような計画を立てるはずです。
質問者が懸念するようなことにはならないでしょう。

購入しようと思っている団地に建て替え計画があるかどうかは
地元の不動産屋などに問い合わせるとある程度調べることができます。
不安に思うならまず相談してみましょう。

2015年5月2日土曜日

修繕の面から見た中古団地を購入するメリット

Yahoo!知恵袋で専門家として
団地やマンションのリノベーションに関する質問に答えています。

先日、ベストアンサーをいただきました→『築40年の公団住宅を購入しようか悩んでいます。』

内容が中古団地・マンションを購入するに当たって
よくある不安でしたのでこちらでも紹介しておきましょう。

質問の一つ目は「築40年ということで修繕が大変なのではないでしょうか?」
ということでした。

これは建物が古いかどうかというより定期的にメンテナンスをしているかどうかによります。
こつこつに修繕していれば大変なことにはなりませんし、
築浅でも適切に修繕されていなければのちのち大変なことになります。

修繕がきちんとされているかどうかは
新築や築浅より中古の物件のほうが見極めるのが容易です。
ぱっとした見た目はもちろん、過去の修繕記録を調べれば一目瞭然です。

これが中古住宅のメリットのひとつです。

2015年4月26日日曜日

ホームページをリニューアルしました

吉永建築デザインスタジオのホームページをリニューアルしました。

YADS|吉永建築デザインスタジオ

設計の仕事から団地関係の仕事、過去に手がけたイベントなどをわかりやすくまとめました。
サイトデザイン、企画構成、一部テキスト執筆は吉永恵里が担当。
今後ともよろしくお願いいたします。

2015年4月24日金曜日

長岡京の団地SOHOが取材を受けました



長岡京の団地SOHOが住宅雑誌の取材を受けました。
団地リノベーションの特集を組んでいるのだそうです。

快晴で風も心地よい団地取材日和。
特集のためにいくつも団地を見てきた記者さんもこれほど緑が近い部屋は珍しいとのこと。
団地の心地よさを楽しむように取材をしていました。

クライアントのSさんにもお忙しい中ご協力いただきました。ありがとうございます。
記者さんの質問に答えた“吉永さんが提案してくるものがいちいち自分にしっくり来た”
という言葉がとてもうれしかったです。

長岡京の団地SOHOの話とともに団地愛好家としての活動や団地不動産、
そしてなぜ団地にネガティブなイメージを持つ人が多いのか?など取材されました。

掲載は7月とのこと。
直前になりましたら改めてお知らせいたします。
お楽しみに。